« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

ここに何のためにいるのか分からない

定期的に眼科で検診を受けている私ですが、帰る時に数か月後の予約を取ります。あくまで定期的な検診なので何が悪いということではないです。だから数か月後に行く時にも本人としては思いが少ないといいましょうか。そんな感じです。先生だけでも数人いるような大きな眼科です。

で、待合室みたいなところで「ガレ兵様~」とか呼ばれて、「今日は何か悪いんですか?」とか聞かれることになりますよね。

「私本人は何の病気ということが心配で来たわけではなく、前回の検診で来た時に、数か月後にまた来て下さいと言われたんですよ」

と答えたところ、何か意思疎通がうまくできてないという感触はありました。
でも、まぁ、いいだろ。
そう思ってました。

先生の診察の時間になって、診察室に入りますよね。

そこで、カルテみたいなもの(メモ?)を見て先生が困ったような顔をしています。
何だろ?
何か検査してその顔であれば心配になるところだけどそうではないし。

で、先生がおっしゃったのが、、、

「えーっと、ここに何のためにいるのか分からない、、ということみたいですが。。。」

でした。

あー!
そういうことか!

待合室で答えた事がそういう風に誤解(とはちょっと違うかも。。)されて、メモにそういう書き方をされていたということですね。

笑うのも失礼ですが、正直、笑いをこらえるのも難しかったですが、先生には単なる定期的な検診なのでと言いますと、先生も理解したのか、爆笑されてました^^

「ここに何のためにいるのか分からない」という患者さんが来ると先生も狼狽しますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

今年も勇気ある男たちの闘いが終わった

F1アブダビGPでの最終戦でニコ・ロスベルクがチャンピオンを決めた。ロスベルクを4位以下に落とそうとレースをコントロールしたハミルトンのやり方に、ベッテルは「汚い」と表現したと伝えられるが、ロスベルク自身が今回の件をそこまで問題視していない様子なので、まずはロスベルクにチャンピオンが決まって良かったというF1ファンは多いのではないだろうか。

父親であるケケ・ロスベルクもチャンピオンになっているので親子での戴冠。
親子だとかそういうことを度外視しても、F1のチャンピオンは素晴らしい。
全てをマネジメントしきれなければ決して到達できない高みである。

F1のチャンピオンになるなんて、かなり性格も強烈じゃないと無理だろうと思う。そういう世界だろう。

でも、ロスベルクは、ハミルトンというこれまた強烈なチームメイトと対比すると、ちと、何となくだけどチャンピオンを獲らせてあげたいな、という贔屓の目で見てしまう。

最期の2周くらいは見ているこちらが胃が痛くなる展開だったので、当の本人はいかほどの思いだったのか。それを乗り越えてのチャンピオン。祝福したい。

ハミルトンのコントロールで何となくすっきりしない中でのレースだったが、最期のタイヤ交換を終えてからのベッテルの怒涛の追い上げでレースが引き締まったと感じた。最近はチームメイトのライコネンに成績で負けることが多くて心中穏やかではなかったベッテル自身も納得の最終戦だったのではないだろうか。表彰台での誇らしげなベッテルの表情が印象的だった。

終わったばかりなのに、もう2017年シーズンの開幕が待ちきれない。フェルスタッペンは更なる飛躍を遂げるだろうし、フォースインディアに移籍の決まったオコンの活躍も是非とも見たい。

そしてホンダエンジンでの3年目を迎えるアロンソこそ負けられない。
2017年も必見だ。

だからF1は面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

ネコの運動能力

普段から縦横無尽に家の中を動き回るネコたちですが

Neko1

自由過ぎる感じです。

Neko2

でも、この運動能力はどうしたことでしょう。
わずかに引っかかる壁のクロスを足掛かりに登るのでしょうか。

Neko3

すごいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

ボンディ

神保町はカレーの街とも言われていますが、私自身は外であまりカレーを食べません。夜遅く帰宅した際にレトルトカレーが中心になるので、さらに外でカレーを食べようとは思わないからです。

それでも時々来客があったりするとカレーの有名店のどれかに連れていったりします。

ボンディです。
ちょっと分かりにくいところにあるんですよねー

B01

カレー自体は王道のような感じで安定感あります。
味も良いです。

B02

ジャガイモも付いてきますが、これを全力で食べてしまうとかなりのボリュームなので気を付けた方がいいです。

B03

信号にさえかからなければオフィスから2分で到着しますので、ここはやはり今後も使える店ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

ファクトリエに行ってきました

以前のエントリーでカジュアルシャツはファクトリエのものを多く着ているということを書きました。日本製が大好きな私はこういうのにすぐメロメロになります。ところがボタンホールにトラブルが発生した、というエントリーです。

http://hyochin.air-nifty.com/blog/2016/02/post-aa48.html

実はその後もさらにボタンホールが壊れる(というか裂ける)ということがありましてこんな感じです。

Fact01


わざわざ日本品質のものを購入してこれは無いなーーと思いまして、クレームというわけではないのですが、ファクトリエに電話して状況を伝えてみることにしました。というのは縫製技術そのものに関わることなので私の他にも発生していると思いますし、何よりも今後も買い続けたいのに同じ事が起きたらさすがに嫌です。補修にお金かかりますし。

返品に応じろ、というような話しではなく、あくまでも今後の購入を考えた時にとても気になる部分なので、既に対策が取られているのかなどを聞きたかったのです。で、きちんとしたお話しができましたし、誠実なご対応を頂いたので私は納得致しました。

こういうところも日本品質。
安心安心。

ただ、何となく単なるクレームと思われても嫌だというのがあって、買い続けたいというのが決して嘘ではないというのを分かって頂きたかったので先日ですがファクトリエのフィッティングスペース(銀座にあります)にお邪魔して、違う種類のカジュアルシャツのサイズ合わせをしてきました。

Fact02


ジーンズも日本製のものがやはりよろしいので、それも合わせてきました。

Fact03


満足満足。

Fact04



商品は後日発送されることになります。
ジーンズはそれから洗濯して縮みを出してから送り返して裾を直します。

日本製、大好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

ヤズ

さて、沈黙を破ってエントリーを書いてしまえば書きやすくなるわけで、大したネタではないのですが積極的にアップすることにしました。

仕事の合間を見つけて釣りにも精進しております。

Yazu1

普通に言えばブリですが、ある程度以上の大きさのものをブリと呼んでもいい決まりになってまして、少し小さいものは関東ではワラサ、九州ではヤズといいます。これは九州で釣ったもので残念ながら10キロとかそんな大きなサイズではないのでヤズとしか呼べません。。

ちなみに写ってませんがきちんとライフジャケットは着用しています。自動膨張するタイプです。

Yazu2

ただ、バカみたいに釣れてしまいまして、このクーラーボックスはイグローというメーカーの巨大なものですが(比較で携帯でも置かないとわからんですね)、これをいっぱいにしてしまいました。もっと釣れる状況でしたが持ち帰れないのでそこでストップフィッシングです。わずか1~1.5時間くらいで釣り切りました。

で、このイグローを大人2人で抱えるのに苦労する有り様で、あまりの重さに取ってがぶっ壊れてしまいました。

私はすぐに仕事のために東京に戻るので食べてませんけど、かーなーりー美味しいと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WLCのNTPは重要

久しぶりの書き込みとなりすみません。間を置くと、書き込みもちゃんとした内容を求められる気もしてだんだんと難しくなるという悪循環でした。

さて、今日はオフィスビルの法定点検があったので早朝に全館停電でした。事前にオフィス系/電話系の全configをバックアップしておき、社内サーバもUPSとの連動動作を再確認しておいてますので、特に問題も起きません。

復電した頃に出社してきまして全動作を確認していきました。
ところがひとつだけ問題発生です。
無線LANが復旧してません。
ふむー

弊社はCiscoのWLC(ワイヤレスLANコントローラー)を導入してAPをコントロールしています。

お客様への導入案件としてもかなりの経験がありますので、APのインジケーターの点滅を見ているだけでもおおよその事が分かります。OSをロードしているのか、正常に起動してPC等が接続しているのか、など点滅(点灯)で簡単に判断できます。

ところが今日のインジケーターは(私には)未経験の点滅状態でした。
ふむー

そこに今日の休日検証作業のために社員が出社してきましたので、一緒にトラブルシューティングにかかります。APにtelnetして(telnetできる状態だったということです)ログを見てみますとWLCは見えているけどもRejectされているような状況です。

はっ、これは、、
恐らくクロックだ、、

WLCのモデルにも寄りますが、クロックを記憶しませんのでNTPをきちんと拾わないと、APのクロックとの差が大きいとレジストできません。という事は検証でも経験ありますのでそのあたりを見直しますとビンゴでした。

オフィス内のLAN環境は時々増強するのですが、その際にNTPサーバなどの連携を変更することがあります。詳細を全部記述するのは難しいのですが、その関係でNTPを拾ってませんでした。

ささっと設定変更して無事にオフィス内の全動作の確認終了です。

それが終わることに今日の検証作業に関わっている社員たちが他にも出社してきました。無線LANが使えないと検証の効率も劇的に落ちますので何とか作業が開始される前にシューティングできて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

レースが好きだ

NHK-BSで定期的にマクラーレン・ホンダに焦点を当てた特集をやっている。特にホンダエンジンに関する内容である。昨日の土曜の夜に最新の番組が放送された。

なお、私は特にホンダファンということはない。
単なるF1ファンである。

ただ、ここは日本なので当然のようにF1関連の中でも日本に関する情報が多いのでよく見ているというだけである。

鈴鹿での日本グランプリの前に、アロンソとバトンが栃木にあるホンダの研究所を訪問する様子を捉えていた。

バスを降りたアロンソが、到着を待っていた女性スタッフと握手を交わしたのだが、その女性スタッフの喜び方が素晴らしかった。「この手でアロンソと握手した!」という心からの喜びにあふれた笑顔が印象的。

その後、多分社員食堂だと思うが、そこで昼食を取っていた大勢のスタッフの中を歩いているシーンがあったのだが、食堂のおばちゃんまで全力でアロンソとバトンに手を振っていた!

みんな笑顔。

レースが好きだ

それがホンダのアイデンティティ。
今更ながら思い知らされた。

F1に復帰して2年目。
まだ勝てない日々が続いている。
3年目の来年は本当の意味での正念場。
勝たないと本田宗一郎が許さないだろう。
負けるのが大嫌いだった宗一郎のスピリット。

今年もまだブラジルとアブダビの2戦が残っている。
ホンダ頑張れ!
特別なひいきはしないけれど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »