« ネコの運動能力 | トップページ | ここに何のためにいるのか分からない »

2016年11月28日 (月)

今年も勇気ある男たちの闘いが終わった

F1アブダビGPでの最終戦でニコ・ロスベルクがチャンピオンを決めた。ロスベルクを4位以下に落とそうとレースをコントロールしたハミルトンのやり方に、ベッテルは「汚い」と表現したと伝えられるが、ロスベルク自身が今回の件をそこまで問題視していない様子なので、まずはロスベルクにチャンピオンが決まって良かったというF1ファンは多いのではないだろうか。

父親であるケケ・ロスベルクもチャンピオンになっているので親子での戴冠。
親子だとかそういうことを度外視しても、F1のチャンピオンは素晴らしい。
全てをマネジメントしきれなければ決して到達できない高みである。

F1のチャンピオンになるなんて、かなり性格も強烈じゃないと無理だろうと思う。そういう世界だろう。

でも、ロスベルクは、ハミルトンというこれまた強烈なチームメイトと対比すると、ちと、何となくだけどチャンピオンを獲らせてあげたいな、という贔屓の目で見てしまう。

最期の2周くらいは見ているこちらが胃が痛くなる展開だったので、当の本人はいかほどの思いだったのか。それを乗り越えてのチャンピオン。祝福したい。

ハミルトンのコントロールで何となくすっきりしない中でのレースだったが、最期のタイヤ交換を終えてからのベッテルの怒涛の追い上げでレースが引き締まったと感じた。最近はチームメイトのライコネンに成績で負けることが多くて心中穏やかではなかったベッテル自身も納得の最終戦だったのではないだろうか。表彰台での誇らしげなベッテルの表情が印象的だった。

終わったばかりなのに、もう2017年シーズンの開幕が待ちきれない。フェルスタッペンは更なる飛躍を遂げるだろうし、フォースインディアに移籍の決まったオコンの活躍も是非とも見たい。

そしてホンダエンジンでの3年目を迎えるアロンソこそ負けられない。
2017年も必見だ。

だからF1は面白い。

|

« ネコの運動能力 | トップページ | ここに何のためにいるのか分からない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/64557205

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も勇気ある男たちの闘いが終わった:

« ネコの運動能力 | トップページ | ここに何のためにいるのか分からない »