« レトルト | トップページ | 93台の電源オン »

2017年3月13日 (月)

VARDIAとDVD-R

私、東芝のレコーダー(VARDIA)を何台も持っています。タイムシフトマシンも持っていますので結構な投資です。こだわりとかは少ないのですが、初めに買ったレコーダーが売り場で安かった東芝のもので、その後も価格ドットコムで安かったとかの理由で増えました。今、東芝機を持ってるから操作性を統一したい!とか思っているわけでもありません。

飛行機での移動中とかの暇つぶしのために見切れないテレビ番組とかをDVD-Rに焼いて持ち歩くのですが、これについてかなり悩んでいました。

偶然にamazonで購入したDVD-Rで快調に焼けてたのですが、それが後継のものに変わってから突然焼けなくなってしまって、失敗率が50パーセント以上でした。フォーマットで失敗するときもあればコピー中(移動中)にも失敗しますし、ファイナライズでも失敗します。私もIT技術者の端くれなので相性などという言葉は軽々と使わないようにしていますが、DVD-Rに関しては存在すると感じます。

実はあまりにも失敗するようになったので、本体(のDVDドライブ)が壊れたかと思ってオークションで東芝機(安かったので選んだだけです)を買ったところ、それでも同様に失敗が多かったです。

そんなに高いものではないのでamazonで4種類のメーカー違いのDVD-Rを買いましたがことごとくダメでした。もちろんクリーナーの様なものは使用してドライブ側も疑ったりしましたが結論が出ませんでした。

もうこれでダメだったら本体を買い替えようと思って最後にamazonで買ったのが当たりでした。

今のところ4種類のDVD-Rでダメだった2台の機種違いのVARDIAで一度も失敗なく焼くことができます。同じVARDIAでもドライブの製造ロットとかで相性は違うとは思いますが、悩んでいらっしゃる方々のヒントになれば、、、と思っとります。

|

« レトルト | トップページ | 93台の電源オン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/65008936

この記事へのトラックバック一覧です: VARDIAとDVD-R:

« レトルト | トップページ | 93台の電源オン »