« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月28日 (水)

ひのき舞台で顔を合わせる日を楽しみにしている

将棋の史上最年少棋士である藤井四段が29連勝という素晴らしい記録を打ち立てたが、他の棋士の皆さんのコメントが、また素晴らしい。

まだ中学生であるということを妙に意識したこともなく、藤井四段の実力も認め、敬意を払い、結果だけではなく内容の良さにも言及していて、清々しさすら感じる。

私も小学生の頃に兄の影響で将棋を指しており、友人たちと対戦するのが楽しみな頃があった。当時、大山康晴や加藤一二三が書いていた将棋の入門書の様なものを熟読して、毎回毎回、勝ちたいと強く願って指していたことを強烈に覚えている。

その加藤一二三が、藤井四段のデビュー戦の相手だったことも栄枯盛衰か。加藤一二三はつい先日、引退を表明した。

さて、これからトップ棋士たちとの対戦も増えてくるので思ったように勝ち続ける事も難しくなってくるのだろうが、トップのひとりである羽生善治も藤井四段を絶賛。

ひのき舞台で顔を合わせる日を楽しみにしている

とのさすがのコメント。かつて、前人未到の七冠を達成したこともある羽生が「将棋界の新しい時代の到来を象徴する出来事になった」とも言っている。

また、藤井四段の聡明さに溢れつつも飾らない人柄も素晴らしい。よく考えるとまだ中学生だ。28連勝を飾った対戦の帰り道では師匠と将棋の話ししかしなかったらしい。師匠はその時に29連勝を確信したというが、そんな逸話もこれからつみあがっていくのだろう。

若い才能が開花するのは気持ちいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

リーガルのレザースニーカー

釣りに使う靴以外は、ビジネスもカジュアルもリーガルを履く私ですが、スニーカーに関してはレザーしか選びません。気に行った型が出ると全色(と言っても3種類ほど)買ったりするのですが、ここ3年くらいは履きたいモデルが出ることなくキャンバス地のものを買って後悔しとりました。レザーでも失敗作と思われるものもあって退役させたものも多くあります。

ところがやっと、これはいいなと思うモデルが出たので(年に2回くらい出ます)、まずは一色だけ買ってみました。で、結果は全色買うことになりました^^

靴に関しては、特にビジネスシューズだと拘りを持つ方々も多くいらっしゃると思います。10万近く出される方もいると思うのですが、リーガルのビジネスだと3万前後でしょうか。極端に高くはないですが店舗に行っていろいろ話しをしながら納得して買っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

羽田空港の本屋さん

京急で羽田(JAL側です)に行くと、エスカレーターを2つ上がったところの右側に本屋さんがありましたよね。私はあそこで一般的な車の雑誌やF1速報などを買ってました。

ところがです。
最近になって。
どうもなくなったようです><

このドトールの右側が本屋さんでした。
看板も無いのでリニューアルということでもないのでしょう。

とても残念><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

脳検診

健康診断とは別に「全身がん検診」「脳検診」「胃カメラ」「腸カメラ」を受診するようにしています。つい先日は脳検診でした。

特に問題もなくOKOK。

気になる症状もないのですが、やはり結果を聞くまでは不安にはなります。有名人の方々もご病気で亡くなられたりしますし。

「全身がん検診」はいわゆるPETですが、これはかなりの高額ですし被爆の問題など指摘されたりしますので、これだけは毎年やらずに隔年ですが、他の検診は毎年です。

他には、毎日必ず朝と夜に血圧を図って記録しています。面倒なのですが規定値にきちんと収まっていることを確認して安心するようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

セブンイレブンのミックス野菜サラダに変更が

会社帰りに横のセブンイレブンに寄ってサラダを買ってる私ですが、最近になって定番商品の「ミックス野菜サラダ」に変更がありました。

ちなみに私はコールスローとミックス野菜サラダ(合わせるとかなりの量になります)を食べています。いや、いました。過去形です。

何の変更かというと、キュウリが加わったんです。

私は瓜系だけ苦手でして、スイカやメロンは食べれなくもないのですが、キュウリはちょっと。。

ということでサラダ生活の根底を揺るがされてしまって動揺しとります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

クビサが帰ってきた!

かつてザウバーやルノーで輝かしい走りをし、将来のチャンピオン間違いなしとも言われたロバート・クビサだが、2011年のシーズン直前のラリーでの事故で大怪我を負ってしまい、そのF1でのキャリアを終了させていた。

腕を切断しなければならないほどの怪我だったそうだが、何とか切断はせずに済み、その後ラリーやその他のレースカテゴリーには復帰したが、狭いF1のコックピットでは怪我をしたクビサの腕ではハンドル操作に難があるらしく、F1への復帰は果たせなかった。

いまだにクビサを評価する声は多く聞かれる。
私もクビサは大好き。

そのクビサが、あくまでプライベートテストの中の走行ではあるが、F1マシンでの走行をすることができた。現在のF1の規則では最新型のマシンでは自由にテスト走行ができない決まりだ。決められた日程でしか走れない。だから、数年前のマシンを使ってのプライベートテストが時々行われる。その中でクビサがロータスのF1マシンでサーキットを115周した。

テストの目的は様々なので分からない。
タイムも公開されてないので現在のクビサのパフォーマンスも未知数だ。
実際にはクビサがレギュラードライバーとしてF1に戻ってくる事はないだろう。

でも、クビサがロータスを走らせたという事実だけで興奮してくる!
何と言ってもまだ32歳だ!

他のカテゴリーでもいいからクビサはさすがだと思わせて欲しい。
それがF1を走ってたという事だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »