« リーガルのレザースニーカー | トップページ | 神田のカレーをわざわざレトルトで食べる »

2017年6月28日 (水)

ひのき舞台で顔を合わせる日を楽しみにしている

将棋の史上最年少棋士である藤井四段が29連勝という素晴らしい記録を打ち立てたが、他の棋士の皆さんのコメントが、また素晴らしい。

まだ中学生であるということを妙に意識したこともなく、藤井四段の実力も認め、敬意を払い、結果だけではなく内容の良さにも言及していて、清々しさすら感じる。

私も小学生の頃に兄の影響で将棋を指しており、友人たちと対戦するのが楽しみな頃があった。当時、大山康晴や加藤一二三が書いていた将棋の入門書の様なものを熟読して、毎回毎回、勝ちたいと強く願って指していたことを強烈に覚えている。

その加藤一二三が、藤井四段のデビュー戦の相手だったことも栄枯盛衰か。加藤一二三はつい先日、引退を表明した。

さて、これからトップ棋士たちとの対戦も増えてくるので思ったように勝ち続ける事も難しくなってくるのだろうが、トップのひとりである羽生善治も藤井四段を絶賛。

ひのき舞台で顔を合わせる日を楽しみにしている

とのさすがのコメント。かつて、前人未到の七冠を達成したこともある羽生が「将棋界の新しい時代の到来を象徴する出来事になった」とも言っている。

また、藤井四段の聡明さに溢れつつも飾らない人柄も素晴らしい。よく考えるとまだ中学生だ。28連勝を飾った対戦の帰り道では師匠と将棋の話ししかしなかったらしい。師匠はその時に29連勝を確信したというが、そんな逸話もこれからつみあがっていくのだろう。

若い才能が開花するのは気持ちいい。

|

« リーガルのレザースニーカー | トップページ | 神田のカレーをわざわざレトルトで食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/65467527

この記事へのトラックバック一覧です: ひのき舞台で顔を合わせる日を楽しみにしている:

« リーガルのレザースニーカー | トップページ | 神田のカレーをわざわざレトルトで食べる »