« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月11日 (木)

高梨沙羅のあと一か月

4年前、絶対的な金メダル候補だった高梨沙羅はまさかの4位に終わった。成田での「申し訳ない」と言った会見は今でも忘れられない。世界選手権であれほど優勝し、年間チャンピオンを決めても、それでもやはりオリンピックでの金メダルが欲しいのだと思う。

4年に一度のチャンスしかないのでピークを迎えるのが難しい。
それがオリンピック。

今更ながら柔道の野村、谷本、レスリングの吉田、伊調などの偉業がどれほどの凄味があるのか思い知らされる。特に柔道などはスポーツ人口という面から考えても偉業中の偉業と言っていいだろう。

今シーズンの高梨沙羅はどうだろうか。周りもレベルアップしているし、同じ日本人選手の中でも伊藤有希の方が昨シーズンからは調子が良く、成績も高梨沙羅と拮抗している。高いレベルで競いあっている。

テレビでの露出が多い分だけ高梨沙羅を応援したくなるものであるがスポーツ全般が大好きなガレ兵としては、もちろん全ての日本人選手を応援している。

でも、やはり4年前のあの悲しい顔を思い出すと高梨沙羅にはオリンピックの大舞台で頂点に立って欲しい。そして全てから解放された笑顔を見せて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »