« 高梨沙羅のあと一か月 | トップページ | 小学校が閉校になってた »

2018年2月14日 (水)

金メダルを獲るためにここに来た

高梨沙羅はソチで本命中の本命として金メダル候補に上げられてまさかの4位。そこからの4年間。金メダルを獲るためにここに来たという思いは誰よりも強かったと思う。

しかし世界中の選手たちから研究し尽くされ、絶対的な優位性は失われて、調子も落としていたように思う。

一本目は3位。

そして二本目。
ジャンプ台の上ではとても引き締まったいい顔をしてた。
4年間の全てをここで発揮しなければ意味がないという気持ちだったろう。

結果は3位。

しかし、最後の最後で高梨らしいジャンプができたと、本人は直後には納得の表情だったように見えた。この瞬間に最高のジャンプができる精神力には感動した。

4年前の真央ちゃんを見つめた時と同じ気持ちになった。
本人が納得してくれればいい。
そんな親が子を見るような気持ち。

あんな悲しい表情の高梨沙羅はもう見たくない。

本人は決して納得してないと思うけど、表彰台に登る事ができて本当によかった。それだけでも見ててほっとした。素晴らしい闘いを見ることができて幸せだった。

本人は既に帰国して次の闘いに向かっている。
ワールドカップは3月から再開される。

ひとつメダルを獲れた事で次のオリンピックではもっともっと攻めたジャンプをしてくれるものと信じている。

|

« 高梨沙羅のあと一か月 | トップページ | 小学校が閉校になってた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/66393852

この記事へのトラックバック一覧です: 金メダルを獲るためにここに来た:

« 高梨沙羅のあと一か月 | トップページ | 小学校が閉校になってた »