« 社内の無線環境整備 | トップページ | トートバッグの買い替え »

2018年10月10日 (水)

DACケーブル

特に特筆すべきものではありませんが、DACケーブルが大量にラボに届いてました。Twinaxケーブルとも呼ばれます。ダイレクトアタッチケーブルのことです。銅線を使うので、ダイレクトアタッチカッパーケーブルの略という言い方をする人もいます。

光ファイバではなく、銅線をSFPに直接つないでいるものですが、銅線ですので長い距離は難しくて、5m程度、MAXでも10mのものしか見たことがありません。

用途としてはラック内や、せいぜい横のラックとの接続になりますが、SFP2個と光ファイバよりは安価なので結構使われるものです。銅線なので扱いにあまり神経質にならなくてもいいというのもありますね。

10Gのものをよく見ますが、40Gや100Gのものもあります。

|

« 社内の無線環境整備 | トップページ | トートバッグの買い替え »

コメント

安くて良いですよね。

投稿: | 2018年10月10日 (水) 19時08分

フロアを跨いだりする接続は無理ですけど短距離だと安い上に光よりも扱いやすいです

投稿: ガレージ兵頭 | 2018年10月10日 (水) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/67259022

この記事へのトラックバック一覧です: DACケーブル:

« 社内の無線環境整備 | トップページ | トートバッグの買い替え »