2018年10月26日 (金)

情報処理

私にも一応、子供がいるのですが、下の子はIT関連企業で働いています。弊社というわけではありません。

さて、社会人として一年目ですが、先週の情報処理の試験を受けたようです。応用情報だったみたい。


私自身も初代のネットワークスペシャリストに平成6年(初年度)に合格したような記憶あります。情報処理の試験は難易度は別としても年に一度しか受験できないのでそういう意味での敷居が高く感じます。落ちればリベンジまで長い長い勉強期間が待っているので大変なんですよね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

渡名喜の涙

柔道ファンの皆さん、こんにちは。世界柔道は皆さん見ていると思います。柔道は日本の心。スポーツと武道の間の難しい一線をうまく日本では運用できていると思います。

男子60キロの高藤の連覇での金メダルは圧巻でしたが、まぁ、それは期待通りだったということで。リオでは銅メダルに終わったけど、東京では金メダルを頼むぞ!

さて女子48キロ決勝で渡名喜がウクライナのビロディッドに負けました。渡名喜はこの世界柔道に高藤と同じく連覇がかかってました。結果はきちんと組んでくる柔道を仕掛けられて大内刈で一本負け。海外選手が、タックル中心のJUDOではなく、柔道の技で一本勝ちしてくると、素直にその素晴らしさに感動すらしますね。ビロディッドはコーチと抱き合い、渡名喜に勝った事に喜びを隠せません。インタビューで号泣した渡名喜は東京オリンピックに向けてもう誰にも負けられないです。

柔道って素晴らしい。

そしてスポーツって素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

葡萄が届いた

弊社の元社員が長野で葡萄を作っています。なので有り難いことに毎年葡萄が届きます。

葡萄も品種の改良やらもありますし、工夫して育てる部分がたくさんあるようです。葡萄がこんなに美味しい果物だったのかと毎年驚きながら頂いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

財布の手入れ

何度か書いていますが私は土屋鞄のブライドルレザーの長財布を使用しています。時々手入れをするのですが、頻度が分からなくなったりするので少なくとも誕生日には手入れします。その日だけは忘れないので。

そんなに高価なものではないのですがとても良い品質だと思います。
土屋鞄、大好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

お墓参り

私は暦通りで仕事していますのでお盆休みとかも取らないですし(そもそも雇用されてないので休みという法的な概念もありません)、仕事できる時間がある限りは仕事しています。とはいえ、やはりお墓参りは何とか時間を作って行かねばと思っています。

猛暑の中でたっぷりとお水を掛けてあげることができて少しは涼んでもらえたかなと思います。

もう何年経ったのかもよく分からず、ただ毎日を懸命に生きているのですが、やはり見守ってくれていると感じることができるのはとてもありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

時計のオーバーホール

以前はCCIE合格記念に買ったオメガスピードマスターを使用していましたが、東日本の震災後に「やっぱり日本製の時計にしよう」と思って、それ以来はセイコーの腕時計をしています。

セイコーブライツフェニックスSAGH005です。
名前が何だか恥ずかしいです。

それが微妙に遅れるようになってきたので、そりゃオーバーホールに出さねばということで、セイコーに持ち込みました。丸の内にありますので会社から電車と徒歩を合わせても15分で着きます。

このモデルはクロノグラフですが、セイコーが自社でオーバーホールして、部品交換などなければ32,400円(税込み)です。セイコーの良心的な価格設定に感謝しとります。でも革ベルトが2万くらいするので、ベルト交換は悩んどります。

受け付けして「確認しますので少々お待ちください」と言われました。不具合はありますか?と聞かれたので少しだけ遅れます、と答えておいたのですが、10分ほど待ってますと、

「確かに全方位で遅れが見られます。油分が切れて金属カスも出てますのでオーバーホールが必要です。あとは文字盤の足が折れています」

とのことでした。全方位の遅れという表現は理解できませんでしたが、技術者の方の所見に驚きました。さすが日本の技術。セイコーを使っててよかったと思わせるだけのものがありました。窓口でそこまで指摘してくれるなんて。素晴らしい。


これからも使い続けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

小学校が閉校になってた

北九州市八幡東区の平野小学校を卒業している私ですが、ふと、気になって調べてみますと学校がなくなってることにきがつきました。

私が住んでた頃は新日鐵(当時の社名)の社宅(というかアパート)が辺り一帯に立ち並んでて、住民の数も多かったです。私は中学校に上がると同時に引っ越しをしたのでそれ以降の事をあまり知らなかったのですが、私の住んでたアパートがあった場所に大学ができたりしたのはニュースとして知ってました。

新日鐵の社員数も当時ほどではないでしょうし、風呂なしアパートの需要がほぼ無くなったりして、社宅も別の場所に立て替わったりしたのかな?と思いますので、子供がいるような世帯も少なくなったのでしょう。

あくまでネットの情報ですが、隣の小学校に統合されたみたいです。その小学校は私が子供の頃からありましたし、まぁまぁ近かったので必然的な流れだったのでしょう。

校歌の二番か三番かに「歌おうよ鉄の響きに」という歌詞があるくらいに新日鐵の関係者が多かった街です。

母校が無くなるとさすがに寂しい感じです><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

金メダルを獲るためにここに来た

高梨沙羅はソチで本命中の本命として金メダル候補に上げられてまさかの4位。そこからの4年間。金メダルを獲るためにここに来たという思いは誰よりも強かったと思う。

しかし世界中の選手たちから研究し尽くされ、絶対的な優位性は失われて、調子も落としていたように思う。

一本目は3位。

そして二本目。
ジャンプ台の上ではとても引き締まったいい顔をしてた。
4年間の全てをここで発揮しなければ意味がないという気持ちだったろう。

結果は3位。

しかし、最後の最後で高梨らしいジャンプができたと、本人は直後には納得の表情だったように見えた。この瞬間に最高のジャンプができる精神力には感動した。

4年前の真央ちゃんを見つめた時と同じ気持ちになった。
本人が納得してくれればいい。
そんな親が子を見るような気持ち。

あんな悲しい表情の高梨沙羅はもう見たくない。

本人は決して納得してないと思うけど、表彰台に登る事ができて本当によかった。それだけでも見ててほっとした。素晴らしい闘いを見ることができて幸せだった。

本人は既に帰国して次の闘いに向かっている。
ワールドカップは3月から再開される。

ひとつメダルを獲れた事で次のオリンピックではもっともっと攻めたジャンプをしてくれるものと信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

高梨沙羅のあと一か月

4年前、絶対的な金メダル候補だった高梨沙羅はまさかの4位に終わった。成田での「申し訳ない」と言った会見は今でも忘れられない。世界選手権であれほど優勝し、年間チャンピオンを決めても、それでもやはりオリンピックでの金メダルが欲しいのだと思う。

4年に一度のチャンスしかないのでピークを迎えるのが難しい。
それがオリンピック。

今更ながら柔道の野村、谷本、レスリングの吉田、伊調などの偉業がどれほどの凄味があるのか思い知らされる。特に柔道などはスポーツ人口という面から考えても偉業中の偉業と言っていいだろう。

今シーズンの高梨沙羅はどうだろうか。周りもレベルアップしているし、同じ日本人選手の中でも伊藤有希の方が昨シーズンからは調子が良く、成績も高梨沙羅と拮抗している。高いレベルで競いあっている。

テレビでの露出が多い分だけ高梨沙羅を応援したくなるものであるがスポーツ全般が大好きなガレ兵としては、もちろん全ての日本人選手を応援している。

でも、やはり4年前のあの悲しい顔を思い出すと高梨沙羅にはオリンピックの大舞台で頂点に立って欲しい。そして全てから解放された笑顔を見せて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

土屋カバンでランドセルが準備されていた

なかなかF1でのクビサのニュースが確定しないので、待ち続けてもブログが閉鎖になるのかと思われる可能性もあり、普通にネタを書くことにします。それにしても、クビサの復帰がどうなるのか気になって仕方ありません><

さて、私は財布や名刺入れ、バッグ類の全てで土屋カバン製を使ってますが、コインケースの表面がなぜかザラザラしてみすぼらしくなってました。一度、工場に送って状況を見てもらったりしたのですが、先日、外出した際に時間が少し余ったので、自分から工場に出かけてみました。工場にはショールームが併設されています。

これが問題のコインケース。過去に電話等で問い合わせたりした履歴も確認してもらって、それを踏まえて見てもらいました。職人さんに見てもらいたくて、わざわざ工場に来た次第です。

説明を聞いて革の状態について納得しました。
仕方ないか。。。

で同じものを購入してしまいました。
今度はザラザラにならないように気を付けよう~

工場の中ではランドセルの準備が進んでいるようでした。
許可を得て撮影しました。動画はNGとのことでした。

こんな感じで製品として出来上がるのはもうすぐなのでしょうか。

私は今使用しているトートバッグを買い替えたいな、などと物色してました。
左が私のもの。候補が二つありまして悩む~。

でも、使っているものにも大変な愛着があって、新しく買うと中身を毎日入れ替えたりもしないだろうから、結局、そればかり使うことになるだろうからと、どうしようかなと悩んでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧