2014年12月24日 (水)

CCIE合格者の訪問

過去に弊社が実施したセミナーの受講者から、CCIEに合格したという連絡がありまして、近くまで来るので会社に寄ってくれることになりました。

まだ就職前の大学院生とのことです。
学生で合格者というのは少なくとも私は聞いたことないです。
素晴らしいですね。

ブログを書いていらっしゃるとのことで、「是非とも紹介して欲しい」とおっしゃってましたので下記しておきます。

http://you184.en-grey.com/

雑談、というかバカ話ばかりしてたのですが、普段の業務の話になりまして「お客様からNSSAとかの質問が来たりするんですか?」と聞かれました。

私の回答は「そんなこと一度もお客様と話をしたことないです!」でした^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

CCIEで無駄な問題など出ない

都市伝説シリーズ第一弾。
CCIEに関して言われることがある。

「CCIEに出題される問題なんて実務では全く役に立たない」

本当ですか?

ネットワークエンジニアの仕事もたくさんあって、人によっては全く役に立たないケースもあると思う。しかし、私は自分に課された全ての過去問題が財産になっている。

世の中に、様々合わせて15回のラボを受験した人間が私の他にいるのか知らないが、私は全ての問題を解析してまとめている。合格した問題もきちんとラボを組んで解析している。実際の案件で何かわからない時に、例えば「SPの2回目のVPNのセクションに出たはず」のレベルまで完璧に覚えているので、すぐに参考にすることができる。

限られた台数の中で試験をするので、問題の意図がぼけてしまうこともあるだろう。数台程度のネットワークで、そもそもBGPを動かしたりすること自体が何の意味があるのかなど、ケチをつけるときりがないが、問題のエッセンスは輝いていると思う。

私はSIベンダー勤務時代にエンタープライズのネットワークの設計・提案をしていたこともあるし、キャリアの担当SEをしていたこともある。キャリアそのものに勤務していたこともある。その時その時で、こららの過去問題データベースにいつも救われてきた。

これからもずっと救われていくだろう。

人より多く失敗した。
その分だけ人より一生懸命に勉強したと思う。

努力はウソをつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

また一人の勇者が現れた

ガレ兵(株)の大阪支店が誕生した。
また一人の勇者が現れたのである。

個人でダブルに挑み、北京でSPに勝利したそうだ。

実は彼とは面識がない。

先週、とある方を通じてガレ兵の携帯に電話をもらい「いつもガレ兵を読んでます」とのことであった。受験直前であるということも聞いていた。

昨日「合格した」とのメールを受けて、すぐに電話をかけた。
「とても苦しかったが乗り越えることができた」という充実感にあふれていた。

キャリアに勤務しているということで、そういう意味ではキャリア時代にトリプルを達成したガレ兵と立場は似ているのかもしれないが、ガレ兵の場合はSIer勤務時代もあり、その背景は大きく違う。

そういう状況にあって個人での海外受験。
素晴らしいという言葉しか見当たらない。

噂によるとガレ兵とはひと回り以上も若いらしい。
完全な世代交代がやってきたようだ

ダブルを持っているとかそういうことが重要ではないと思っている。決して最後まで諦めない心を持っているかどうか、それを問われるのがこの試験、特にマルチへの挑戦である。

いつも言うことであるが、踏み出さない人に文句は言わせない。多分、彼も同じことを思っているはずである。

今日から三日間の休養である。

まずは疲労した体を休めてください。
本当におめでとうございます。
挑戦する気持ちを持っていることに対して素直に尊敬します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

急遽、学科試験

急遽、学科試験を受けることになった。
「350-030」 そう、CCIE Voice である。
ピアソンだと翌日でも、当日でも受験できる。
昨日から突然「勉強したいモード」に激変し、受けたくて受けたくてたまらない状態になったのである。
だから、たった一日しか勉強してないけど挑戦する。
学科の天才と言われたガレ兵(ウソ)なので、何とか突破できるだろう。

やりますよー
合格しますよー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月30日 (金)

スーツケース準備完了

スーツケースの荷物をパッキングした。
明日、JALさんがスーツケースを引き取りに来るからである。
28キロあった。私は40キロまで持ち込めるので余裕である。

移動しながら読む資料と、送ってしまう資料の見極めがいつも難しい。スーツケースの半分ちかくはドキュメント類である。PC内にも入っているが、いつPCが壊れるかわからない。プロの受験家であればそこまで考えるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

DECLINEの真相

少し前に、私のPaymentがいったんDECLINEされたと書いたがその真相である。
・決済された時間
・決済された国
・金額(1375ドル)
が怪しかったということで拒否したとのこと。
カード犯罪も多く、様々な過去事例から導かれた結果の「怪しい決済」と判断したのだろう。約款でどのようになっているのかそこまで確認をしていないが、きっとカード会社が裁判で負けるようなことはしないだろう。

正直、28日を切っていた時点でのDECLINEなので相当にやばかったといえばやばかった。そのまま日程をDropされても文句の言えないところだった。だから、皆さん、余裕を持ってPaymentを実行して下さい。Submitしてから数日間は「Payment Pending」というステータスになって、その時点で28日を切っていても問題はない。そのままPaymentが完了すればいい。

でも、精神衛生上、一週間以上の余裕をもってPaymentすることを推奨します。私のケースは本当にやばかったのだが、実はシスコさんのPaymentのシステムが現在改修中であり、問題もあるとのこと。今回、DECLINEされたというメッセージは、本来は自動的にメールが届くはずであるが、システムの問題で届かないらしい。だから、全世界のAdministratorさんが見張っていて、気がついたAdminさんが直接メールをくれるのである。

で、そのようなシステムの問題もあることをシスコさんもわかっているので、現時点ではいきなりDropということもないだろうと、とあるAdminさんはコメントしていた。

カード会社には今後もこのような決済を行う可能性があることを伝え、カード会社も過去のカード使用履歴を調べて、オーストラリアでカードを実際に何度も使用しているなどのことから、今後は、少なくとも私のラボのPaymentでDECLINEされることはなくなった。そのように交渉したからだ。

気になる方は、事前にカード会社に交渉しておくことも推奨します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

VRFでのルートのフィルタ

import map でルートのフィルタはできるが、export map ではルートのフィルタができない。RD値の付与のみ行うことができる。

なんて真面目なことをメモ代わりに書いてみたりして。
ガレ兵では、傾向からいって、「メシがまずい」的なネタを求められていて、上記のようないわゆるCCIE的なネタは不評のようです。そういうの、基本的にfoota-netに任せてます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

マルチキャスト検証中

今日、帰宅してからずっとマルチキャストの検証をしている。
Inter-ASでマルチキャストが流れない。
実際にマルチキャストを流しているが、到達できない。
かなり難しい。
今まで3時間くらいは寝ていたが、いよいよ寝る暇がなくなってきた。
厳しい。

周囲は敵ばかりだが、応援してくれる人もいる。

自分のためにやっているが、期待を裏切りたくない。
だから、余計に頑張れる。

Inter-ASでのマルチキャスト、まだ見えない。
できるまで頑張る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

ビジネスで行く

今回はビジネスクラスで行く。
今までの秩序をぶち壊す行為である。
マックにも寄らないかもしれない。
ファイタオレンジもどうだか。

もう、そんなことを気にして不安になるレベルでは無い。
もっと俺は上をいっているはず。
そう信じている。

だから何が起こっても合格できるのである。
今、オレは世界で一番、SPに合格したいと願っている人間である。
だから、きっと合格できる。
気持ちの強さが合否を決めるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

緊急事態発生 続報

何とか受験できるようだ。
とりあえず安心。
でも、精神的に疲労した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧